コードヴェイン 深層・沈黙の雪渓の宝箱・ドロップアイテムまとめ

この記事は、深層・沈黙の雪渓で入手できる宝箱やダンジョンで回収できるアイテム、敵からドロップするアイテムなどをまとめて紹介している記事です。

深層・沈黙の雪渓を探索する際の参考にしてください。

深層・沈黙の雪渓で宝箱から入手できるアイテム

深層・沈黙の雪渓の宝箱からは、軽量化された両断のガーネットやスタン属性が付与されたマチェーテが入手できます。

・両断のガーネット軽

銀と赤の重厚感のある色調から赤い宝石の名を付けられた斧槍。

小型の錬血発動機構が内蔵されており振るうことで周囲を薙ぎ払う刃を放つ。

貴族思想を持つ吸血鬼一派が作らせた武具であり華美な見た目ながら武器としての性能も高い。

・マチェーテ痺

鋼鉄の塊の如き大鉈。

変わり者の技術者たちの製作所で作られた武器であり、片手剣の取り回しと両手剣の威力をかけ合わせることを目標に制作された。

片手剣としては非常に重く、真価を発揮するためには相当な腕力が必要なため、扱うものは珍しい。

深層・沈黙の雪渓で回収できるアイテム

深層・沈黙の雪渓のダンジョンでは、雷の攻撃錬血を会得できるRvマスタリーやスカウトの砕けた血英が入手できます。

・スカウトの砕けた血英A

スカウトの血英Ⅲの修復に必要な結晶の欠片。

欠片を全て集めて血英を修復することでスカウトのブラッドコードに眠る潜在能力を解放することができる。

・Rvマスタリー(107)

使用することでブラッドコードに関係なく特定の錬血を身に付けることができる薬。

冥血によって生成された雷の刃を振るい前方の敵に斬撃と雷撃を加える錬血である「ユピテルブレード」を会得する。

・フィンクロム

特殊鉱石に血を取り込むことで作り出された貴重な鉱石。

ムラサメに転成を頼むことで武器や吸血牙装を「氷結化」できる。

転成で武器や錬血の攻撃性能や能力値補正を低減する代わりに、氷属性に特化させる。

・冥血濃縮薬

冥血で満たされた小瓶。

使用することで少量の冥血が得られる。

通常、冥血は時間経過によって霧散消失してしまうが、容器に吸血鬼の血で表面処理を加えることで霧散反応を抑え、長期保存を可能とした。

・年代物のブランデー

手に取る者により複雑にその価値を変える嗜好品。

人としての心を繋ぎとめる不思議な力があるとして吸血鬼の間では破格の条件で取引される。

崩壊を免れ、適切に保管されていた貴重なお酒。

蓋を開けると、果実の香りが柔らかく広がる。

・ダガー

古くからある投擲武器。

ダメージこそ少ないものの敵の注意を引き付けることができる。

猪突猛進に切り込むばかりが戦いではない。

相手を自らの意図に誘い込んでこそ1人前の戦士というものだ。

・ケミカルライト

中の溶液を混ぜ合わせることで淡い光を放つ道具。

使用から一定時間発光し、道標として利用する。

過去には複数の色が存在し、吸血鬼同士の連絡手段としても活用されていた。

・希少な旧世代の資材

大崩壊前に使われていた資材。

その中でも特に希少価値の高いもの。

利用する技術はすでに失われており一般的に扱える者はいない。

かつての知識を持つ一部の物だけが今も利用を続けている。

深層・沈黙の雪渓の敵からドロップするアイテム

深層・沈黙の雪渓の敵は、凍てついた霊峰同様にクインスチールやフィンクロムなどをドロップします。

・喪失の薄片(中)

霧散する際に吸血鬼や堕鬼の体内から放出されるヘイズの残滓を集めたもの。

使用することで300ヘイズが手に入る。

結晶に刻まれた同胞たちの生きる意志が取り込んだ者にわずかな力を与えてくれる。

・喪失の薄片(大)

霧散する際に吸血鬼や堕鬼の肉体から放出されるヘイズの残滓を集めたもの。

使用することで600ヘイズが手に入る。

結晶に刻まれた同胞たちの生きる意志が取り込んだ者にわずかな力を与えてくれる。

・旧世代の資材

主に嗜好品の対価として取り扱われる。

大崩壊前に使われていた資材。

利用する技術はすでに失われており一般的に扱える者はいない。

かつての知識を持つ一部の物だけが今も利用を続けている。

・クインスチール

クイーンの協力によって開発された特殊鉱石。

クイーンの血が僅かに練りこまれており吸血鬼や堕鬼の血の呼吸により淡い光を放つ。

その光を刻み込むことで上質な装備に鍛え上げる。

一度砕いてしまえば、光はやがて失われる。

細かく砕き荒稼ぎを狙う吸血鬼もいたがその全てが徒労に終わったのは言うまでも無い。

・フィンクロム

特殊鉱石に血を取り込むことで作り出された貴重な鉱石。

ムラサメに転成を頼むことで武器や吸血牙装を「氷結化」できる。

転成で武器や錬血の攻撃性能や能力値補正を低減する代わりに、氷属性に特化させる。

・フローズンカートリッジ

武器の属性を強制的に変化させる道具。

使用することで、一時的に装備中の武器が氷属性に変化する。

状況に応じて力の放出量を調整することで使用者や武器そのものへの負担を軽減することに成功している。

・アウェイクMJ212

ブラッドコードに眠る潜在能力を引き出すために造られた活性薬。

かつての研究者が作り出した因子の一つ。

過剰な力は肉体の暴走を生む。

未熟な吸血鬼が能力を見誤ればたちまち力に飲みこまれ堕鬼に堕ちてしまうだろう。

・アンチスロウ

スロウ状態を回復する薬品。

発症前に使用すれば、状態異常を未然に防ぐことが可能。

思うように動かなくなってしまった肉体を元通りに動かせるようにする。

戦場では常に冷静な判断力が求められる。

いかなる状況においても取るべき最適解を導き出すことが生存への一歩となる。

・堕ちたヘヴィアックス

堕鬼となった吸血鬼が手にする戦斧。

瘴気の影響を受けたそれは元の武器とは異なる性質を持っている。

堕鬼を討つために作られながら、堕ちて吸血鬼の血を啜る皮肉な武器。しかし、このような武器はヴェインではありふれたものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする