Kcd 仕事の対価攻略。処刑方法の選択と処刑人の仕事を妨害する方法

この記事は、サイドクエスト「仕事の対価」の攻略記事です。

処刑方法の正しい選択と処刑人の仕事を妨害する方法を紹介していますので、参考にしてください。

処刑方法の正しい選択肢

処刑人ハーマンに黒の調書から得られた情報をもとに、正しい処刑方法を伝える必要があります。

犯罪者と正しい処刑方法は以下の通りです。

ドーバのピーター:首斬りになる。

ゲオルグ・ワイス:首吊りになる。

フロスト・ヘラルト:奴はまず拷問に遭う。

正しい選択肢を選ぶことで、次にクッテンバーグの処刑人の仕事を妨害する任務に移ります。

クッテンバーグの処刑人の仕事を妨害しよう

事前の下準備として、毒・不幸のポーションを調達しておきます。

夜間(23:00以降)まで時間を調整して、ラッタイ西の処刑人が集まっている民家に移動し、クッテンバーグの処刑人の仕事を妨害しにいきます。

処刑人達が寝静まっていますが、犬のなき声で起こしてしまう可能性があるため先に倒しておきます。

つかみばさみに毒を塗ろう。

犬を処理したら荷台の横に移動しつかみばさみに毒を塗ります。

事前に調達しておいた毒・不幸のポーションを使用しましょう。

処刑人の縄をすり替えよう

次に左側の小屋に移動し処刑人の縄をすり替えに行きます。

眠っている処刑人の子分はノックアウトで処理しておきましょう。

はしごで上まで登り、部屋の片隅に置いてあるランプを探しましょう。

そのランプの隅に処刑人の縄が置いてありますので、処刑人ハーマンからもらった「処刑人のロープ-損傷あり」とすり替えます。

処刑人の剣を鈍らせよう

処刑人の剣は真ん中(左側)のテントの中の箱に隠されています。

ロックピックで解錠することで入手できます。

処刑人の剣を入手後、ラッタイの砥石(狩人近く)まで移動し、砥石で処刑人の剣の状態を0%まで減らします。

砥石で状態を減らすコツは、角度を上まで上げた状態で研ぐことです。

火花がそれほど出ていなければ状態が減少していきます。

状態を0%まで減らしたら、再び元の箱に処刑人の剣を戻せば「クッテンバーグの処刑人の仕事を妨害しよう」が達成できます。

あとは処刑人ハーマンに報告後、翌日の14時に処刑をすればクエストクリアとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする